製品情報

映像・音響機器

ディスクドライブの防振性を高める

防振ゴム

ダンパー  インシュレーター

光ディスクドライブへの振動を効果的に抑制。 データエラーや音飛びを大きく低減する防振ゴムをご提供します。

防振ゴム写真
  • 広い周波数帯域をきめ細かい材料設定でコントロール。

    コンピュータ、DVD/CDプレーヤ、ゲーム機などに搭載される光ディスクドライブは、微細な信号を読み取るため、外部から伝わる振動や衝撃によって、データエラーや音飛びといった不具合が起こることがあります。ヤマウチは、幅広い材料バリエーションと長年培ってきた防振理論、そして最新の解析シミュレーションを駆使して、最適な防振ゴム(ダンパー、インシュレーター)の設計を行い、製造、検査にいたるまで、お客様をフルサポート。御社の高品質な製品作りに貢献します。

主な特徴

5°刻みの多彩な硬度バリエーションでチューニング可能。

防振ゴム(ダンパー、インシュレーター)は、使用するゴム材料の硬度をコントロールすることによって、振動を効果的に抑制することができます。ヤマウチでは、硬度 3~60(A)の広範囲で、5°刻みのきめ細かな硬度設定が可能。材料の選定によっても共振点を自在にコントロールすることができるため、部品の形状を決定して金型を起こした後でもチューニングでき、いっそう理想の特性に近づけることができます。

動的粘弾性(tan δ)を0.1〜0.8の幅広い範囲でグレード化。

ヤマウチは「幅広い範囲で振動を抑制したい」というニーズにお応えするため、動的粘弾性(tan δ)0.1 – 0.8という広範囲で材料をグレード化。幅広い周波数範囲をカバーして、効果的に振動倍率を抑制することができます。
  • 熱硬化性ゴムのため、圧縮歪特性に優れ、高い信頼性を実現しています。
  • 耐候性に優れ、40℃/50pphm×72hの条件でオゾンクラックの発生はありません。
  • 環境に優しく、RoHS指令に対応しています。
  • 熱硬化性ゴムのため、複雑な形状にも対応できます。

ディスクドライブ用以外にも様々な防振ゴムを作っています。

ヤマウチでは、その経験豊富な材料ノウハウと防振理論を生かして、様々な防振ゴムを生産しています。防振ゴムに関して、何か課題をお持ちでしたら、どうぞヤマウチにご相談ください。

ファン・モーター用
複写機用

技 術

ヤマウチは、2つの方法で優れた振動遮断性を実現しています。

共振点の移行

特定の周波数帯域での共振を回避したいときは、ゴム硬度を変えることで対処できます。例えば、図1のように、共振点を低くしたいときは、ゴムの硬度を下げることで調節可能。ヤマウチでは、硬度3~60(A)の広範囲で、5°刻みというきめ細かな硬度設定により、こうしたコントロールを自在に行うノウハウを持っています。

図1 共振点の移行グラフ
図1
振動伝達率の低減

共振そのものを抑制したいときは、ゴムの動的粘弾性を変えることで対処できます。図2は、高tan δの(損失係数が大きく、弾みにくい)材料を使って、共振倍率を下げたときのイメージ図です。ヤマウチでは、動的粘弾性(tan δ)0.1-0.8という広範囲で材料をグレード化しており、お客様のニーズに幅広くお応えすることができます。

図2 振動伝達率の低減グラフ
図2

動画1は、防振ゴムが振動を抑制するときの様子を示したものです。 再生ボタンをクリックしてご覧ください。

動画1

お問い合わせ・資料請求

最新の製品ラインナップ(材料グレード)に関する資料(PDF)を以下からダウンロードできます。

この製品についてのお問い合わせやさらに詳しい製品資料をご希望の方は、下記担当者までお知らせください。
映像・音響機器関連製品担当:古園