製品情報

印刷機

優れた耐摩耗性能と高精度な駆動性能を両立

駆動ローラ

対向ローラ

高いグリップ力を持ちながら、耐久性にも優れたロングライフ設計の駆動ローラをご提供します。幅広機向け(A0機、A1機等)用の長尺ローラもご提供できるようになりました。

駆動ローラ
  • 高いグリップ力を長期に維持するロングライフ設計。

    駆動ローラは、印刷機のベルト(転写ベルト、中間転写ベルト、感光体ベルトなど)を駆動するために欠かせない部品です。近年では、多機能印刷機などの市場が広がって、駆動ローラもいっそうの小型化、軽量化が求められるようになるなど、この分野でも高い技術力が求められています。ヤマウチは、独自の材料開発と卓越した精密加工技術によって、こうしたあらゆるニーズに対応する、耐久性に優れた駆動ローラをご提供しています。

主な特徴

独自の配合技術で摩擦係数と耐摩耗性を高めたゴム材料を採用。

ヤマウチは、摩擦係数が高く、長期使用しても寸法変動が少ない耐久性に優れたゴム材料を採用。独自の高精度な成型・精密加工技術ととともに、高精度で信頼性の高い駆動ローラを生み出しています。もちろん、ベルトを傷つけたり汚したりしないクリーン設計。二次転写ローラの対向ローラとして使用される場合には、中抵抗(6乗~8乗Ω)の導電性を持たせるなど、製品ニーズに応じた仕様設計が可能です。

アルミパイプ材料は、SUS材、SUM材を嵌合したものの他、いっそうの高精度が求められる場合には、無垢のSUS材、SUM材といった単一材料による製作も可能です。

様々な条件、用途に対応する2種類の材料をお選びいただけます。

ヤマウチでは、駆動ローラの使用条件や用途に応じて2種類の材料をご用意しています。
電子導電系

低抵抗の導電性を必要とする駆動ローラなどの用途で実績が有ります。

イオン導電系

中抵抗の導電性を必要とする対向ローラなどの用途で実績が有ります。

高精度な加工と組み立てによって、安定した回転性能を実現。

常に安定してベルトを回転させるためには、高精度な駆動ローラが必要です。ヤマウチでは、高い外径精度・振れ精度で部品を加工できる設備・技術と各子部品を高精度に組み立てられる生産環境を備え、お客様からの厳しい要求に応えています。
硬度と抵抗値

製品一覧

硬度・抵抗値など、製品ニーズに応じた材料をご用意できます。

硬度と抵抗値

※ローラの形状等によって、上記範囲外でも対応可能な場合も御座いますので、詳細についてはご相談ください。

お問い合わせ・資料請求

この製品についてのお問い合わせやさらに詳しい製品資料をご希望の方は、下記担当者までお知らせください。
複写機・プリンター関連製品担当:可児